UCHGホバートラック

1/35 フィギュアを置いてみます

さて 今回はフィギュアの配置や おおまかな塗装を行ってみたいと思います

僕は地方モデラーですので 欲しいフィギュアを実際に手にとって 考えることがなかなかできません

そこでamazonさんのページで「1/35 フィギュア」と検索して 使えそうなものは片っぱしからほしいものリストに入れ あとで購入するものを考えるようにしています


まず、こちらのフィギュアセットにひかれました
オガモデルIMG_2551

マスターボックスのフィギュアですが カードゲームを楽しんでいます

どれを切ろうか迷っている様子 それを覗き込む立ち姿の仲間の兵士 テーブル代わりにジェリカンを使っているのもいいですよね

次は、こちら
オガモデルIMG_1363
これはもともと 負傷兵に肩を貸しているフィギュアなのですが

僕の考えたシュチュエーションなら 酔っ払いに見えないかなと 手に入れました

右の兵隊さんの右手は拳銃をもっていたので 手首から切り落として他の人形の手をくっつけました

最終的には お酒のビンを持たせる予定です


それと、今回の主役になるミュージシャンです
オガモデルIMG_4009

探しに探して つかえそうなのは このフィギュアだけでした

アコーディオンがなかなかよくできております

しかし、一人ではさみしいので もう一人トランペッターを作ることにしました

オガモデルIMG_0747

1/35のトランペット ゼムクリップとパテから出来ています このアイデアもAFVモデラーの大先輩「モトさん」からのものです

これを 少し改造したフィギュアに持たせてみました
オガモデルIMG_1581
うーん・・・ ほんの少し大きいですね(^^;)

また今度 作り直そうと思います

それでは今回のフィギュアの顔をいかにして塗装したか お伝えしたいと思います

オガモデルIMG_0218
このフィギュア なんとなくスピードワゴンの片方の方に似ているので「イトダくん」とします

まず、イトダくんの不要なパーティンぐラインなどに デザインナイフでかんながけをし そのあとサフを吹いておきます

ここから先 今までは筆で塗装していたのですが 今回はエアブラシを使うことにしました

まず下地として艦底色を皮膚の部分に吹きます このとき奥まった所にもしっかりと色が回るように注意します

オガモデルIMG_1652
次に タンをエアブラシでふわっと吹きます 奥まったところには あんまり色がまわらないようにします

これで 影になる部分に下地がきいて やや色味が暗くなります

オガモデルIMG_6322
最後にエナメルのフレッシュを軽くドライブラシして 凸部にハイライトを入れてできあがりです

軍服も簡単に塗ってみました
オガモデルIMG_7208
このあとで 実際は 部隊章のデカールを貼って ウオッシング、ドライブラシ、艶消しで さらにリアルにしていきます

はじめてやってみましたが まずまずの出来かと思います

もう少し上達したら 目を入れてみたいと思います これが難しい・・・(^^;)

ということで とりあえずアウトラインを出すために配置してみました
オガモデルIMG_7372
オガモデルIMG_5045
オガモデルIMG_2167
オガモデルIMG_3302
オガモデルIMG_3246
オガモデルIMG_8347
オガモデルIMG_6021

今回はここまで

「ジオラマなら こんなアイテムがあるぞー」とか「ここ もっとこうしたら いいんじゃない?」とか お気軽にコメントいただけたらと思います

このジオラマは ここで一旦小休止して 次回は他の記事に行きたいとおもいます ではでは(^^)/
スポンサーサイト

ベースづくり

キット本体もウォッシング前でひと段落ということで

気分転換にベースづくりをしてみたいと思います

ジオラマをやっていると キットで細かい作業のあと ジオラマでおおまかな作業ができるとき

なんだかリラックスします(^^)

前回、発泡スチロールで途中まで作ってましたが どうもボロボロとカスが出るので

スチレンボード買いに行きました



オガモデルIMG_6349

買ってやりましたわ どーんと畳一畳分www

うちの田舎には ハンズなんてないので ホームセンターでこのサイズしかなく・・・800円(安!

お店で切ってくれると思いきや「うちは そういうのやってないので・・・」

車に乗らないので その場で黒刃買って 一刀両断してやりましたわ

「これで あと10年は戦える・・・」の気分ですw

さて、これをB4サイズに切りまして コルクボードに乗せました
オガモデルIMG_7638

上に塗ったのは タミヤのテクスチャーペイント

水性塗料で色調も調整できるので お手軽オススメです

この上に 草の表現を追加していきます

今回使ったアイテムはこちら

オガモデルIMG_8765

短い繊維状の素材で 小さい草の表現に使えそうです

2色用意したのは 自然な変化を出すため 

1色では どうも 不自然に感じるので・・・


オガモデルIMG_0901

次は、フィールドグラス

ハサミで切って ある程度束にしてボンドをつけ 植えるように貼り付けます

少し長めに植えておいて ハサミを立てに入れながら調整すると 自然になるようです


オガモデルIMG_5799

次はライケン

これは 1/100や1/144の森の表現に使ってきましたが 今回はやや長めの草にします

先端の繊維が細かいところを切り取り 色味の違いを混ぜるように貼り付けていきます


オガモデルIMG_8183

今回 貼りつけに使用したのが スーパーフィックス

静岡HSで購入してきました

なかなかいい感じでしたが 水溶き木工ボンドとの明らかな違いは感じられなかったような・・・貧乏性なだけでしょうか(^^;)

これらを適当に貼り付けますと こんな感じになります

オガモデルIMG_8007

スーパーフィックスは乾燥すると透明になります

フィールドグラスは刈り込み前です 部分的に緑に着色した方がリアルかもしれませんね

ちなみに フェンスは「餅焼き網」210円です(安!

全体はとりあえず こんな感じです

オガモデルIMG_3549

入口付近は車両も通るかなと想像して わだちの後には草を植えませんでした

ホバーだと? ですがw

このままではさみしいので また いろいろと考えてみたいと思います

今回はここまで 次回は「フィギュア」についての記事を書きたいとおもいます

最後までご覧いただき ありがとうございました

コメント等 お気軽にお願いします(^^)/ 




デカール貼ったら剥がしてみよう

携帯でご覧の方にも 読みやすいように 文字を大きくしてみました


さて、前回の基本塗装終了後に その後の手順を考えてみました

デカール
 ↓
塗装剥がし
 ↓
剥がしすぎ直し
 ↓
ウォッシング
 ↓
砂汚れ

ということで今回は「デカール」と「塗装剥がし」まで行ってみたいと思います


オガモデルIMG_7277

「08」のデカールは「いかにも」なので「ヨーロッパ方面軍」のデカールを貼ってみました
オガモデルIMG_8004

ノーズアートっぽいデカールも追加してみました

さて、ここから 塗装を剥がしていくわけですが

とりあえず道具をそろえてみました

オガモデルIMG_1130

この中で、つまようじはいまいち使えませんでしたw

それでは、今回のチッピングの主な方法をご紹介

まず、目立ちにくい面で練習ですw

オガモデルIMG_4677



筆で全体に水を塗ります
オガモデルIMG_6290



しばらくすると ヘアスプレーの層が溶けて 塗装が浮いてきますので 綿棒で軽くこすってやります
オガモデルオガモデルIMG_0207


軽くこすると艦底色、しっかりこするとサビ色・・・となるのでコントロールしながら こすれる方向を意識して剥がしていきます
塗装が浮かなかったところは デザインナイフやスポンジヤスリなどで剥がしてみますと
オガモデルIMG_9584

はい やりすぎーーwww

まあ、可動式バンパーの下の部分なので これぐらいこすれてもいいかな(^^;)

この反省を活かしながら 全体に施しますと

オガモデルIMG_2672
オガモデルIMG_9028

こんな感じになります

調子に乗って 以前のベースに乗っけてベランダ撮影してみました


オガモデルIMG_5817

このままコンペに出してやろうかと思いましたが・・・ベースサイズがレギュ違反(T T)

それでは また次回(^^)/

その後のホバートラック

おかげさまで 忙しい日々を過ごさせていただいておりまして

しばらくホバトラの記事をあげておりませんでしたが

とりあえず完全に組み上がったものがコレ
オガモデルIMG_1299

ちょこちょことディテアップしました
オガモデルIMG_1060

オガモデルIMG_9655

そして、表面処理、サフぶきを終えて 下地塗装
オガモデルIMG_2082

今回の下地は県内モデラーの重鎮「モト」さんにアドバイスをいただき

ブラック+ブラウン+フラットベースを使用 所々ランダムにジャーマングレーをふきつけました

次に「ヘアスプレー」の登場ですw
オガモデルIMG_9962

これを、シリコンバリアの代わりに使用します

AFV界ではヘアスプレー・チッピングと言われているそうです

一応、いつも髪を切ってもらっている理容師さんに相談して、シリコンの多そうなギャッツビーにしました

次は、シリコン層の上に艦底色をふきます
オガモデルIMG_2514

戦車でいうところのサビ止め剤の色をイメージしました

さらに、ギャッツビーを重ね

いよいよ、シナイグレーを塗装します
オガモデルIMG_4364
イスラエル陸軍のメルカバなどに使われている色だそうで

その色味に一目ぼれして いつか使ってみたいとおもっておりましたが

やっと日の目をみました
オガモデルIMG_9463
いかがでしょうか

艦底色の影響もややうけているところが また面白いなと感じました

これで、三層構造の基本塗装が終了

さいごに、つまようじやスポンジやすりなどでこすって 塗膜をはがします

軽くこするとサビ止めの色が、しっかりこすると錆びた金属色が・・・といったイメージです

うまくいくといいのですが(^^;)はがすまでの お楽しみですね!

それでは、今回はここまで そろそろ追い込みです がんばります(^^)/

とりあえず組み上がり

ホバトラとりあえず 組み上がりました

途中で気がついたのですが ゲート処理しながら組めば

すぐに捨てサフに行けたような(^^;)

やっぱり、慣れてないパターンのキットは 遠回りになってしまいます
オガモデルIMG_8529
オガモデルIMG_9490
明日から 目消し、ゲート処理、ヒケ処理など やっていきたいと思います



オガモデルIMG_6020
ここのディテール大好きです 太いモールドのところをカットすると ハッチが開いた感じにできます

誰か 降りてきてる感じにしたいですね



オガモデルIMG_5490
大きなバンパーが降ります たぶん、整地か森を切り開きながら進むのでしょうか?・・・でも、ホバーだしなー・・・



オガモデルIMG_7482
陸戦ものにはかかせないスモークディスチャージャー 配線もこってますね

いくつか開口して 使用感を出したいところですね



オガモデルIMG_8975
エレドアの耳 ソナー部分です 

打ちこみ形態への可動もしっかりできます



オガモデルIMG_8702
ミゲルが乗り込んでいた ターレット(って言うそうですね)部分です

給弾ベルトなども良く再現されています・・・あんまり見えませんがw



オガモデルIMG_4740
ミラーは接着だったので 左に運転手が乗ると仮定して(08の2話で、エレドアが左の席で運転していた) 

角度にこだわってみました 入射角=反射角・・・なつかしいですねw



オガモデルIMG_5205
オガモデルIMG_0014
後部のホロは選択式です 今回は荷台をステージにするため ホロはなしで・・・

何か積載してやらないと、ちょいとスカスカかな




オガモデルIMG_8143
ベースの方は 100均で購入したB4サイズのコルクボードに5cm厚の発泡スチロール

じつは、ボロボロこぼれるスチロールが嫌いなので 今回はスタイロフォームにしようと思ったのですが

うちのような田舎にはハンズはなく・・・DIYでは畳一畳が800円w それ以下の大きさなしwww

これ買って帰ったら さすがに嫁さんに怒られるので スチロールにしました

右上のチョロっと見えてるコルクボード部分が1/400ぐらいの遠景になる予定です 

どなたか1/400の建物 知りませんかねー ペーパークラフトでもいいんですが・・・一応、厚紙で自作して「キキの村」と言い張る予定ですw

ここにホバトラを置くとこんな感じです
オガモデルIMG_8176
ちなみにフェンスはDIYで買った モチ焼き網です なかなかいい感じでしょ(^^)

それでは、今回はここまで

次回もよろしくお願いします(^^)/

7/7(土)19:30~ 秋葉原七夕オフ会 参加者募集中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。