2014年06月

ゲルググキャノン製作

先日の県内サークルのミーテで旧キットのジョニーゲルググを頂いちゃいました

パーツの関係でゲルググキャノンにしか出来ないとのことでそちらを選択

まず、仮組み


パーツひとつひとつはわりと良いのですが、バランスが悪いので作例を手本に肩、腰、股関節、足首を調整しました


塗装はエアブラシと筆塗りを併用
デカールを貼って、艶消し
前回の砂ザクと同じように墨入れブラウンをエアブラシで吹きました
a>


次は何を作りましょうか…

スポンサーサイト

06D ザクデザートタイプ 完成

あれから胸、腹をアルテコで造形することに手こずってました


盛ったり削ったり…何度やっても揃いません
そこで、プラ板でガイドを作ることを教えて頂き、なんとか揃ったことにしました


そこから、赤サフを吹きながら微調整


平筆でざっくり塗り分け、面相筆で調整
デカール、艶消し、エナメルの墨入れ用ブラウンをエアブラシで吹いてしあげました
最後にパウダーを足元につけ、文房具屋さんで買ったデコシールをモノアイに貼って完成


06D 砂ザク途中まで

旧キットのパーツをHGUCのF2にすり合わせています


腰から上半身はこんな感じ


意外に腰の動力パイプが使えました
あとはお腹まわりを改修しないとです

06R完成、そして

先日より製作しておりました06R完成しました




細部の詰めが甘いところもありますが、楽しんで製作できした

旧キットの無骨さが伝わると嬉しいです


次はミキシングで06Dを製作してみたいと思います

ただ楽しみのために

とりあえず、どこに出展するとか未定で楽しみのために作ってます

なのでストレスにならない程度、ゆるめに楽しくやってます

さて、脚の向きを変えるだけでずいぶん変わることが分かりました


さらにホワイトサフを吹き、目立つところは修正
その後、うすめの塗料でまったり筆塗りざっくり塗り分けました


明日からは細部のリタッチ、デカール、銀チョロ、つや消しと続きます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。