スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベースづくり

キット本体もウォッシング前でひと段落ということで

気分転換にベースづくりをしてみたいと思います

ジオラマをやっていると キットで細かい作業のあと ジオラマでおおまかな作業ができるとき

なんだかリラックスします(^^)

前回、発泡スチロールで途中まで作ってましたが どうもボロボロとカスが出るので

スチレンボード買いに行きました



オガモデルIMG_6349

買ってやりましたわ どーんと畳一畳分www

うちの田舎には ハンズなんてないので ホームセンターでこのサイズしかなく・・・800円(安!

お店で切ってくれると思いきや「うちは そういうのやってないので・・・」

車に乗らないので その場で黒刃買って 一刀両断してやりましたわ

「これで あと10年は戦える・・・」の気分ですw

さて、これをB4サイズに切りまして コルクボードに乗せました
オガモデルIMG_7638

上に塗ったのは タミヤのテクスチャーペイント

水性塗料で色調も調整できるので お手軽オススメです

この上に 草の表現を追加していきます

今回使ったアイテムはこちら

オガモデルIMG_8765

短い繊維状の素材で 小さい草の表現に使えそうです

2色用意したのは 自然な変化を出すため 

1色では どうも 不自然に感じるので・・・


オガモデルIMG_0901

次は、フィールドグラス

ハサミで切って ある程度束にしてボンドをつけ 植えるように貼り付けます

少し長めに植えておいて ハサミを立てに入れながら調整すると 自然になるようです


オガモデルIMG_5799

次はライケン

これは 1/100や1/144の森の表現に使ってきましたが 今回はやや長めの草にします

先端の繊維が細かいところを切り取り 色味の違いを混ぜるように貼り付けていきます


オガモデルIMG_8183

今回 貼りつけに使用したのが スーパーフィックス

静岡HSで購入してきました

なかなかいい感じでしたが 水溶き木工ボンドとの明らかな違いは感じられなかったような・・・貧乏性なだけでしょうか(^^;)

これらを適当に貼り付けますと こんな感じになります

オガモデルIMG_8007

スーパーフィックスは乾燥すると透明になります

フィールドグラスは刈り込み前です 部分的に緑に着色した方がリアルかもしれませんね

ちなみに フェンスは「餅焼き網」210円です(安!

全体はとりあえず こんな感じです

オガモデルIMG_3549

入口付近は車両も通るかなと想像して わだちの後には草を植えませんでした

ホバーだと? ですがw

このままではさみしいので また いろいろと考えてみたいと思います

今回はここまで 次回は「フィギュア」についての記事を書きたいとおもいます

最後までご覧いただき ありがとうございました

コメント等 お気軽にお願いします(^^)/ 




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。