スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パースと消失点

最近、全国で大雨の被害が伝えられていますがみなさん大丈夫でしょうか

僕は数年前に、床上浸水を経験しているので その大変さが少しだけわかります

被害に合われた方・・・心から復旧を願っております


さて、今回のテーマは「パースと消失点」についてです
オガモデル20070725003808[1]


まず「パース」とは「遠近法」や「投影図」の意味で 描くものに傾きをつけることに対して「パースをかける」というような使い方をします

また「消失点」とは、風景や 真っ直ぐに敷かれた線路などが遠くになるほど小さくなり やがては点に収束してしまう その点のことを言います
オガモデルdata[11]


つまり、実際は三次元の風景を絵画やマンガ・アニメなどの二次元の画面に表現する際の技法と考えることができますが それをあえて三次元で表現しようとしたのが「パースジオラマ」です

なんともあまのじゃくですね・・僕w


さて 今週のノルマは一週目ということで比較的軽めに設定し 「MGジム改とHG陸ジムの仮組み」ということで 土曜日の朝に終えることができました
オガモデルIMG_6520

この二体に遠近感を与えるためには 目線の高さと体のどの部分をそれに合わせるかが大事になってきます
オガモデル20080130011619[1]

イラストにならって 目線・消失点・腰のラインをそろえて配置すると・・・
オガモデルIMG_2848

ただの、リビングの床ですが なんとなく遠近感を感じませんかw
実際はこの二体 20cm程度しか離れていません

ここに スケール違いの 色々なアイテムを用意することで 説得力が高まるのではと考えています


パースは奥が深く 「消失点の移動」や「複数の消失点」をもつ描き方もあるようで

今後もゆっくりと研究していきたいと思います

それでは今回はここまで(^^)/

ご質問・ご感想など 初見のかたも お気軽にコメントお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。