スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

量産型キュベレイ 胸と腰

3連休みなさん いかがお過ごしでしたでしょうか?

ずっとお仕事の方もいらしたかと思いますが

そういった方々のおかげで、3連休を充実して過ごした方も多いのでしょうね


さて、製作途中の量産型キュベレイですが、今回は「胸と腰」のアウトラインを出してみたいと思います

まず、胸ですがキットのままのパーツがコチラ
オガモデルIMG_2227

それではピンクのパーツの延長をしてみたいと思います

オガモデルIMG_4433
1mmのプラ板にパーツをあてがいながら、だいたいの形を描き出します

このとき、少し大きめに描いておきます
オガモデルIMG_3694
2面構成なので、真ん中でカットして接着剤でパーツに貼りつけた後、ヤスリで削っておおまかな形にします

オガモデルIMG_6571
隙間を埋めるためにポリパテを準備

パレットはガムテープ これなら使い終わったらすぐに捨てれますね

今回は試しに瞬着を混ぜてみました 硬化時間が早まるそうです
オガモデルIMG_4651
ポリパテの乾燥を待つ間に、紺色のパーツの形状を変更

胸の頂点を変更するために、斜めに切り落としプラ板を貼り込んでヤスリで成型
オガモデルIMG_7368
同様に次のプラ板を貼り込み成型

オガモデルIMG_9583
ここで先ほどのポリパテが固まりました

確かに瞬着を足してやると 硬化時間は短くなるようです

ただ、ややもろく感じられました

オガモデルIMG_0266
ヤスリで余分なパテを削り落してはめ込みました

アウトラインとしてはこんな感じでしょうか

細部は表面処理の時に、詰めてみようと思います

オガモデルIMG_8909
腰はフロントアーマーの形状を変更し、余分なモールドをパテで埋めました

股間は角を切り落とし1面追加、角バーニアを貼り込みました

今回はここまで

次回は膝パーツの複製に挑戦してみたいと思います

プラ板の工作経験があまりないので「こうしたら、もっと楽にキレイにできるよー」などありましたら

どしどしコメントお願いします(^^)/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。